にきび跡を治療する方法TOPページ

にきび跡を治療する方法

にきび跡を治療する方法

にきび跡とは?

にきび跡とは、にきびができた後に赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまう状態のことをいいます。
この赤みやクレーターは改善するのに時間がかかったり、一生跡が残ってしまうので、にきびで悩む方の一番の悩みの種になっています。
これは、にきびをひっかいたりつぶしたりして悪化し、残ってしまうというケースが多いです。
にきびが顔にできると、人の目も気になりますし、どうしてもついつい触ってしまいがちですよね。
しかし、なにより大切なのは、にきびを悪化させないよう正しいケアを行って、そしてそれがにきび跡として残らないように注意していくことです。

なぜにきび跡が出来るのか

なぜにきび跡が出来るのか

にきびが治った後に、色素が沈着してしまう事があります。
色素沈着を起こす原因となる物質は、「メラニン」と「ヘモグロビン」だと言われています。
知っている方もいらっしゃると思いますが、メラニンというのは、日焼けに関わる物質として有名ですよね。
日焼けをすると、黒くなりますよね。これと同じ現象が、にきび跡にも起きていると考えられているんです。

ニキビができる理由 治る理由

メラニンというのは、「メラノサイト」という色素細胞で作られています。そして肌に刺激があると、このメラノサイトがメラニンを作って肌を守ろうとします。
太陽の光に当たると「紫外線」という刺激によってメラノサイトからメラニンが生成されて肌が黒くなります。これが日焼けのメカニズムなのです。
そしてにきびの場合は、活性酸素、または炎症が刺激となってメラニンが生成され、にきび跡に沈着して黒っぽくなってしまうのです。
ヘモグロビンというのは赤血球に含まれているもので、酸素を運ぶ働きをするものです。
そしてヘモグロビンには、酸素と結びつくと赤くなり、酸素が足りない状態では黒っぽくなる性質があります。
血液が赤く見えるのは、血液の中にある酸素と結びついているためなんですよ。
にきびの炎症が真皮に至ってしまうと、真皮にある毛細血管が壊されて血液がでてきます。そしてこの血液の中のヘモグロビンが皮膚へしみこんでしまって酸素を失って黒っぽくなるのです。
ちなみににきびを無理矢理潰してしまった時も、血管が破れてヘモグロビンが流れ出し、色素が沈着します。
にきびを潰すとにきび跡になる、と言われてる原因はここにあるんですね。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ