にきびの種類 | 黒にきび

にきび跡を治療する方法

HOME > にきびの種類> 黒にきび

にきびの種類

黒にきび

白にきび

黒にきびとは、白にきびと同様、初期段階にあたり、皮膚の内側から盛り上がった皮脂が毛穴の外に向けて開口しその入口部分が酸化して、黒く変色していることからこう呼ばれています。
主に鼻にできることが多く、美容上、非常に悩ましいにきびと言えるのではないでしょうか。
黒にきびは、白にきびが更に悪化した状態のことで、肌の汚れやほこり、古い角質などで毛穴が塞がれた事により皮脂が溜まった結果であり、溜まった皮脂(コメド)が皮膚の外側へ盛り上がった状態にあります。
まだ初期症状ですので、黒にきびの段階で正しい治療を行えば、にきび跡やにきび痕になる可能性はとても低くなると言えます。
肌のターンオーバーの乱れや日常のスキンケアが不十分であるなどの理由により、古い角質がきちんと剥がれ落ちずに残っているため、毛穴周辺の汚れなどと一緒に毛穴内に溜まり始め、毛穴を閉ざしてしまうのです。
毛穴に入り込んだ汚れや古い角質は、毛穴内から分泌される皮脂などと次第に絡み合いコメドを生成します。
蓄積されていく皮脂は次第に皮膚の外側へと押し出され、閉ざされていた毛穴の入口が広げられます。
開口部にある皮脂が酸化し黒く変色したものが黒にきびというわけなのです。 この黒にきび治療の基本は、肌の代謝力を高め、ターンオーバーを正常化することによりいつも新鮮な肌でいること、さらに毎日の洗顔、会社などから帰宅した際のクレンジングを確実に行うことなどが非常に大切になってきます。
もちろん必要以上の皮脂分泌を抑制するため食事改善、効果的な睡眠等によるホルモンバランスの正常化が欠かせませんね。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ