にきびの種類 | 黄にきび

にきび跡を治療する方法

HOME > にきびの種類> 黄にきび

にきびの種類

黄にきび

黄にきび

黄にきびは赤にきびが悪化した深刻な症状のことを言います。
白にきびで毛穴が詰まり、黒にきびで汚れが酸化し、赤にきびで皮膚が炎症した後に、この炎症が長く続くと膿を持ちます。
次第に皮脂と膿が皮脂腺を突き破って、真皮層や皮下組織にまでダメージを与えるのです。
このダメージで皮膚の下で皮脂や膿が移動してしまうため、広範囲に炎症が広がり、毛穴周りには赤にきびが増えていきます。
これらの表皮から膿が透けて見えるようになり、この大きな膿が黄色く腫れていく状態を「黄にきび」と呼ばれているのです。
皮膚に膿が溜まりながらも硬くなっていることから、医学的には「硬結性座瘡」とも言うようです。
その黄にきびが痛みを伴いながら破裂すると、にきび自体が治っても跡が残る可能性が高くなってしまいます。
化膿が進み、膿が出ていくことで自然治癒する場合もありますが、それらは肌が改善傾向にあり、ベストな環境で治療しているときに限ります。
膿胞ができるまでに悪化すると、黄にきびがある皮膚は重症段階となります。
にきびの発生は治っても凹凸が残りますし、色素が沈着するためにそのまま跡になる場合が多いです。
まずはにきびを増やさないために、毛穴に皮脂を詰まらせないことが大事でしょう。
また黄にきびの症状は多様で、別の皮膚疾患も起こりやすいので気を付けましょう。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ