にきびの種類 | 紫にきび

にきび跡を治療する方法

HOME > にきびの種類> 紫にきび

にきびの種類

紫にきび

紫ごりごりにきびとも呼ばれるもので、正式には結節性にきびといい、シコリ状態のにきびで、痛みはなく赤黒く大きめのもので、ふっくらと盛り上がっている症状のことです。
潰すと黒い血と膿が混ざったものが大量に出てきます。
また、ごりごりにきびと言われるだけあって、触れるとゴリゴリとした感触があるのが特徴です。
紫にきびの原因は、便秘や食生活の乱れ、ストレス、紫外線、睡眠不足、生理不順などの要因が絡み合っていることが多いと言われていますが、その真意は明らかになっていないのが現状です。
また、血のめぐりがよくない人や、老廃物が溜まった人に出やすいとっも言われています。
そのため「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などの血のめぐりをよくする薬と、「星火温胆湯(せいかうんたんとう)」のように、痰や脂肪などの老廃物を体外に追い出す薬を一緒に服用すると効果的だと言われています。
ストレスによって紫にきびが悪化する傾向にある人は、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」などを併用したり、患部の状態によっては、「五行草(ごぎょうそう)」、「板藍根(ばんらんこん)」、「白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)」を併用したりすることもあるようです。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ