にきびの種類 | 思春期にきび

にきび跡を治療する方法

HOME > にきびの種類> 思春期にきび

にきびの種類

思春期にきび

思春期にきびは、10代~20代前半に多いと言われています。
顔にちらばった形で出来やすく、スキンケアや化粧品などの影響を大きく受けるんです。
思春期にきびは、成長ホルモンの影響により、皮脂が過剰に分泌されることも原因と言われています。
脂分の多い肌の人に出来やすいとされ、春から夏にかけての季節には、特に出来やすくなる傾向にあります。
特に思春期に限ったことではありませんが、私達の皮膚の毛穴にはアクネ桿菌という菌がいるのはご存知の方もいらっしゃると思います。
化膿する原因は大抵アクネ菌や雑菌によるものなのです。
また、ビタミンB類をしっかりと摂ることも大切で、皮膚の抵抗力を強めてにきびを予防してくれるのです。
思春期にきびを防ぐためには、バランスの良い食事をとることが必要ですが、サプリメントなどでビタミンなどを摂る方法もあるようですね。
また、顔に多くできるため、それも思春期の方にとってはストレスになってしまいがちですよね。
原因としては、過度のストレスや疲労、不規則な生活、慢性の寝不足などもあげられます。
こういった過度のストレスや疲労・寝不足などが続くと、内臓の機能も低下するので思春期にきびが起こりやすい原因となるわけなんですね。
対策としては、なるべく化粧品を使用しない方がいいかもしれません。
しかし、隠したいという気持ちから、どうしてもお化粧が念入りになってしまいがちなのも事実ですよね。
お化粧をする場合は、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、さらに悪化させてしまう原因となってしまうので、控えるように心がけるといいでしょう。
またお化粧をした場合、家に帰ったらすぐに綺麗に洗い流すようにするのも一つの対策となりますね。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ