にきびの種類 | 大人にきび

にきび跡を治療する方法

HOME > にきびの種類> 大人にきび

にきびの種類

大人にきび

思春期にきびの原因が、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、炎症を起こすことによってできるのに対し、大人にきびの原因は、お肌の新陳代謝が遅くなり、古くなった角質や化粧品の油が毛穴につまり発症するのが特徴です。
つまり、古くなった角質がうまく剥がれ落ちずに、毛穴に蓋をしてしまうことで、汚れがつまってしまって起こるのです。
お肌の新陳代謝は、28日周期で古い角質が垢となって剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わります。
またそれは年齢とともに遅くなっていき、うまく行われなくなってきます。
紫外線や、間違ったスキンケアなどのお肌への負担も、悪影響を及ぼします。
ですので、例え若い頃にはにきびができなかった乾燥肌の人でも、大人にきびはできることがあるのです。
さらに、ストレスや生活習慣の乱れは、男性ホルモンを活発に働かせ、過剰な皮脂分泌を促します。
古くなった角質が蓋をしてしまった毛穴から、過剰な皮脂が分泌されれば、すぐに大人にきびの始まりとなります。
なぜおでこや鼻などのTゾーンには大人にきびができにくいかというと、頬やあごなどのUゾーンに対し、思春期のころから大量の脂を排出してきたために毛穴が開きやすく、皮脂を排出しやすいためなのです。
このように、大人にきびの原因は様々なトラブルが複雑にからみあっているのです。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ