にきび跡の種類

にきび跡を治療する方法

HOME > にきび跡の種類

にきび跡の種類

実は、ニキビ痕には何種類かあるんです。
まずは赤みが残るタイプ。
にきびが進行して炎症が起こり、赤みが生じた場合、これがなかなか消えなくなることがあります。
ふくらんでいたのが平らになって、ほぼ治っているのに赤みだけがいつまでも残り、治ったように見えないのです。
しかし、一生消えないかというとそういうものでもなく、何年もかけて(通常2~3年、長い場合5年ほどかけて)消えていくことがあります。
そのため、これは厳密にいうとにきび痕には含まれません。自然には消えないものを「痕」というからです。
ただし、赤みがあるうちは日焼けをしないことが大切です。そして、少しでも早く消すには、ビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効と言えます。
次にシミが残るタイプがあります。
炎症が起こったあとの赤みが、茶色くシミになる場合があるのです。これは炎症性色素沈着によるものです。
これは何年もかけて消える場合もありますが、そのまま残ってしまう場合もあります。日焼けをすると消えにくくなりますので、紫外線対策を心がけましょう。
美白化粧品を使ったお手入れも有効ですが、専門医によるピーリングを施すと、非常に速く改善します。
そして陥没が残るタイプ。
これはいわゆる「クレーター」と呼ばれるものです。
これは残念ながら、完全に元に戻すことはできません。
にきびの炎症が、毛穴のまわりにまで及ぶほど悪化した場合、このような痕が残ることがあります。
毛穴そのものが破壊されてしまうと、元通りに皮膚が再生できなくなるからです。
これは強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多いようです。
しかし専門医によるピーリングを施すと、完全には戻せなくても、かなり改善が見られる場合があるようです。

にきび跡の種類



HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ