にきび跡を残さないためには | 肌の乾燥を防ぐ

にきび跡を治療する方法

HOME > にきび跡を残さないためには> 肌の乾燥を防ぐ

にきび跡を残さないためには

肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐ

にきび跡ができる原因の一つに乾燥肌があります。
乾燥肌の対策をしないと皮脂の分泌量と水分量のバランスが崩れた状態で、肌が乾燥しすぎているとにきびやにきび跡ができやすくなります。
そしてその乾燥肌をつくり出す原因の一つは、エアコンです。
エアコンによって夏でも室温を低くしすぎるために、皮脂量が増加しなくなることが乾燥肌をつくる原因になっているんです。
通常、夏は気温が上昇することで皮脂腺の活動が活発になり、皮脂の分泌量が増加しますが、エアコンの影響で夏でも室温が低いため皮脂量が増加せず、乾燥肌になりやすくなる、というわけなのです。

ボトックス注射 初心者

湿度が下がることで、角質細胞の水分が少なくなると角質は厚く硬くなります。
角質が厚く硬くなるのは、肌を刺激から守ろうとするからです。
そして角質が厚く硬くなると毛穴が狭くなります。
毛穴が狭くなると皮脂が詰まりやすくなり、細菌が繁殖しやすくなってにきびやにきび跡ができやすくなるのです。
乾燥肌の改善にはエアコンによる室温の低下を抑えることが一番なのですが、そのほかに気をつけることとして、洗顔の際の皮脂の取りすぎに注意しましょう。
洗顔の際には弱酸性の洗顔料を使用し、化粧水などで水分補給をしてください。
そしてエアコンで温度や湿度を下げすぎないように気をつけるとともに、美容液などで肌を整え、乾燥肌を改善して、乾燥肌によるにきびやにきび跡を予防しましょう。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ