にきび跡が残ってしまったら | レーザー治療

にきび跡を治療する方法

HOME > にきび跡が残ってしまったら> レーザー治療

にきび跡が残ってしまったら

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療とは、さまざまな波長のレーザー光線をにきびに照射することにより、皮膚を平らにし、にきびやにきび跡を目立たなくさせる治療法です。
レーザー治療は、にきび跡がとてもひどく赤みがのこりやすい肌質の方や、凸凹やケロイドが残っている重症な方のための治療として、最もオススメの治療方法だといわれています。
症状がひどい場合、年齢を重ねるごとに皮膚の凸凹がさらにひどくなるという方もいらっしゃるようです。
一度壊れてしまった皮膚の組織を再生することは困難ですが、皮膚の若返りや皮膚の再生に大きな効果をもたらすレーザー治療は、このような重症な凸凹の治療にオススメです。
また凸凹になったにきび跡の治療には、クールタッチレーザーといわれるレーザーを使う方法もあります。
これは肌の真皮内のコラーゲン生成を活性化させることで、凹凸をなくす方法です。
また、にきびの赤みの治療にはソフトレーザーといわれるレーザーを使い、皮膚の新陳代謝を活発にして炎症を取り除く方法が使われています。
このように、レーザー治療は、凸凹などの重症なにきび跡や、赤みなどが気になる方に、特にオススメの治療法ということです。
ただ、人によっては光に過敏でレーザー治療が合わない方もいらっしゃるようなので、まずは病院へ行き、しっかりと相談してみてはいかがでしょうか。




HOME - にきびの原因とは? - にきびの種類 - にきび跡の種類 - にきび跡を残さないためには
にきび跡が残ってしまったら - サイトマップ